YouTubeマーケティングとは? -メリット、デメリットから活用法まで-

YouTube。あなたも見たことありますよね?多くの動画は無料で見れるためここ数年の間で、多くの人がYouTubeで動画を見るようになりました。そして、多くの企業はこの世の中の動きに合わせて、YouTubeをマーケティングの1つとして利用使用とする動きが出ています。この記事では、YouTubeをどう使えばマーケティングに活かせるのか詳しく説明します。記事を最後まで読んで頂いた方には素敵なオファーもあるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

1. なぜYouTubeなのか?

なぜいまYouTubeなのか。それは、2021年までに世界中のインターネットは、動画トラフィックが82%になるという予測がCiscoでているからです。また、消費者の79%はテキストではなく動画で商品やサービスを知りたく、実際に消費者の91%が商品やサービスの紹介動画を見ているという事実があります。これは、今後商品やサービスを購入する際に人は動画で商品やサービスを検索するようになる可能性が非常に高いことが言えます。そして、もしそうなった時に使えるツールの1つとしてYouTubeという選択肢があります。だからこそ、いま多くの企業ではYouTubeを使った、動画マーケティングを取り入れようとしています。もし、いまここで自分のビジネスには関係ないと思っているのであれば、あなたのビジネスは10年後存在していないかもしれません。それくらい、動画を使ったマーケティングは今後重要になってきます。

参照 :Cisco Visual Networking Index

 

2. YouTubeをマーケティングに活用する方法

YouTubeを使ったマーケティングとは。実際に、企業はYouTubeをどのように利用しているか紹介します。

①YouTubeチャンネルを作成し動画を配信する
もっともスタンダードな方法です。自社の商品やサービス、また社員紹介等を動画を撮影し定期的に配信します。これにより、動画を視聴するファンを増やし問い合わせや売上に繋げる方法です。ここで、重要になってくるのはチャンネル登録してくているユーザーがどのくらいの数いるかと言うことです。チャンネル登録してくれているユーザーが多ければ多いほどYouTubeチャンネルの影響力は大きくなります。そのため、いかにしてチャンネル登録を流すかがポイントとなります。

②YouTubeに動画広告を出す
あなたはYouTubeを視聴しようと再生ボタンを押します。すると、動画が再生される前にCMが流れた経験はありませんか。動画広告がこれです。YouTubeでは、動画開始前や動画再生に動画広告を出したり、動画再生後の関連動画に広告を出すことができます。YouTubeは年齢や性別などを細かく設定し、動画広告を配信することができるためより高い効果が期待できます。

③YouTuberなどのインフルエンサーを活用する
YouTuberを活用することのメリットは、既に多くのチャンネル登録者がいることです。そのため、自社でチャンネルを作成し1からファンを集める必要がありません。言ってしまえば人のリストを活用する方法です。自社のターゲットと近いファンを集めているYouTuberを起用することで、大きな効果を期待することができます。ただし、注意もあります。それは依頼料が高額という点です。予算をあまりかけられないのであれば、YouTuberへの依頼はオススメできません。

 

3. YouTubeのメリットとデメリット

ここでは、YouTubeで動画マーケティングを行う場合のメリットとデメリットについて説明します。YouTubeを自社で取り入れて見ようと考えているのであれば、ぜひ確認してください。

■YouTubeのメリット
YouTubeをマーケティングに取り入れるメリットは多くあります。

①Googleに評価されやすい
Google検索では動画が上位表示されやすい傾向があります。その証拠に、Googleで検索をした際、動画が上位に表示されることが多くあります。また、GoogleがYouTubeを買収したことが何よりの裏付けとなります。これは今後、動画(YouTube)に力を入れるという証拠です。

②商品やサービスの説明がしやすい
テキストでは説明しづらい商品やサービスでも、動画であればイメージを視聴者に見せることができます。言葉では説明しにくい商品やサービスとは特に相性がいいと言えます。

③無料で利用できる
YouTubeのアカウント作成~動画配信まで、全て無料で行うことができます。無料で利用でき、世界中の人に見てもらえるプラットフォームを使わない理由があるでしょうか。

 

■YouTubeのデメリット
YouTubeを利用するのであれば、デメリットがあることもあらかじめ知っておく必要があります。

①動画を配信し続ける必要ががる
当たり前ですが、動画を数本配信しただけでチャンネル登録数が増え、問い合わせや売上につながるということは滅多にありません。そのため、定期的に動画を撮影・編集し配信する必要があります。

②動画のネタを探さなければいけない
前のことですが、動画を配信するのであればターゲットとしている視聴者が見たくなるようなネタを探す必要があります。そして、このネタがなかなか思いつかず、動画マーケティングを諦めてしまう企業も多くあります。そうならないためにも、動画マーケティングを行うのであれば事前にネタをいくつか出しておく必要があります。

③動画撮影と編集にコツがいる
実際に動画を撮影するとなると、どんな機材を使ってどう撮影すればいいのか。また撮影後にどのように編集して、どんなサムネイルを作れてばいいのか。動画マーケティングを導入する前には、これらのことを事前に学ぶ必要があります。

4. まとめ

YouTubeがいかにマーケティングに活用できるか理解いただけたでしょうか。無料で始められGoogleからも評価されるため、動画マーケティングとしてぜひ取り入れることをおすすめします。とはいえ、今まで動画マーケティングを試したことがなければ始めにくいという気持ちもわかります。また、初めてであればど、どんな内容を配信すればいいのか悩むこともあると思います。そんな時は、YouTubeはお客様と信頼関係を構築手段の1つだと考えてください。どうすれば、信頼関係を構築できるかを考えてネタを作り動画を撮影すれば、まず失敗することはありません。この記事をきっかけに動画マーケティングを初めてもらえたら嬉しいです。

PS.
YouTubeを使った動画マーケティングで
不明点や疑問点があれば気軽に相談ください。
↓↓
気軽に相談する